大島みずべの交通アクセスは都営新宿線西大島駅から近く、方向音痴な私ですが迷うことなく到着することができます。
施設内には、1階に学童クラブが併設されていて、定期的に小学生ボランティアとして2階のみずべに来てくれるのだそう。子どもたちの声が聞こえて明るい雰囲気です。
幼稚園跡地に開設されたので、園庭を利用して夏季にはプール遊びのほか外遊び講座などに利用できるところが魅力です。また、地域がら外国籍の親子の来館も多く、外国語に対応したパンフレットも用意されています。

大島みずべ1

外国籍の方々のコミュニケーションの場になっているのはもちろんですが、日本の四季をテーマにしたプログラムも開催され、外国籍の親子や日本の親子が交流できる場となっています。外国語が話せる利用者ママには通訳のお手伝いをしてもらうなど、ママたち個人が持っている様々な力を大切にしています。ママの得意分野を生かした自主サークル活動も行われていて、みずべでの活躍をきっかけにさらに輝くママたちが増えているそうです。

数年前よりは、子ども家庭支援センターがどういうところなのかが少しずつ知られるようにはなってきましたが、まだこの場所を知らないという方も多いということで、さらに周知していきたいとのこと。妊娠中のプレママ・プレパパさんの見学も可能なので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

時間帯によっては静かだったり賑やかだったり様々ですが、お昼を挟んだ前後は入れ替えがあったりするので賑やかなのは苦手、ゆったりと親子で遊びたい方はこの時間帯がねらい目かもしれません。

大島みずべ2

常時、子育てに関しての相談を受け付けているみずべですが、家族のことやご自身のこと、またお子さんの発達に関してや親子関係など内容により、職員だけでなく、専門の相談員などが定期的にここで対応してくれます。

まずは実際に“体験する”“話してみる”ことによって“繋がり”が生まれ、「協力者が身近にいる」と感じることができると思います。子育てに関する安心感への第一歩をみずべで過ごすのはいかがでしょうか。

HPはこちらから→大島子ども家庭支援センター(大島みずべ)

大島みずべ3