12/13に開催された第6回ワーキンググループのレポートをお届けします!

『子育て当事者』『民間の子育て支援団体&社会福祉協議会』『江東区』の3者があつまってそれぞれの声を話し合いしながらつながっていくワーキンググループ。
去る11月27日、これまでのワーキンググループを通じてそのありかたを考えてきた『こうとう子育てメッセ』が無事終了し、ワーキンググループも最終回となった今回は、その振り返りと、成果物として区内に配布する報告レターに掲載する内容について参加者で話し合いました。

メッセの振り返りでは、実行委員テーブルと、支援団体・行政テーブルに分かれて、①良かった事②うまく行かなかったこと③それぞれに対して、次にやるならこうしたい!という切り口で意見出しをしました。

wg5

出てきた意見を少し紹介すると・・・
◆よかった!
・実行委員という区民や子育て当事者が作る形だからこそ、出てきたアイデアややれたことがあった!
・実行委員活動を通じて、地元の友達ができた
・素敵な支援団体・行政マンを知ることができた
・本当にたくさんの人に来てもらった・手厚い広報ができた(区報・町内掲示板・保育園でのチラシ配布など)

◆うまくいかなかったことと改善案
・一部実行委員に負荷がかかってしまった
・実行委員と行政の役割分担が明確でなかった
⇒今年の経験を生かしてあらかじめタスク一覧を作って明確に!
・プレママパパの来場が少なかった
⇒子供がメインに見えすぎたかも?広報やコンテンツにもう一工夫いるかも。

などなど。それぞれ違った角度からたくさんの気づきがあげられました。
第1回目だった今年は、手探りで進めたことも多かったので、来年は今年の経験を生かしてもっともっといい運営ができそうな予感です。。!

wg6

後半では、メッセの報告レター(区内の子ども家庭支援センターなどにも置いて、当日来れなかった方にみていただけるようなもの)にどんなコンテンツを載せたいかの意見を出し合いました。
テーマは、「お父さん、お母さん達に伝えたい事」。

当日の様子がわかるものとして、来場者数やアンケート結果といったデータや写真、
メッセのテーマが伝わるように実行委員の10か条や地域で子育てをしようといったメッセージ、
来年の実行委員の募集も兼ねて実行委員の写真・声や、実行委員活動を支えてくれたパパの声といった
様々なアイデアが出てきました。

wg4

などなど、他にもたくさんのアイデアが出ました!
「成果物」は、3月には完成する予定です。お楽しみに!

子育てメッセが終わってやれやれ。。と思っていましたが、このワーキンググループを通じて、
来年にまたつながって行くんだ・・・という実感を持つ事が出来ました。

ワーキンググループ部門 後藤真紀