実行委員募集 Q&A

質問
どのくらいの活動がありますか?
答え
平均すると一人 月に10時間くらいです。
この時間には、実行委員会議の時間も含まれます。
役割によって差がありますが、特にメッセ開催の11月前後は、月に50時間くらい活動する方もいますし、活動時間は1、2時間以内の方もいます。

まずは「ご自身の生活」と子育て中の方が多いので「ご自身の子育て」を大事にすることを優先していただいています。
なかなか作業に参加できない方ではメッセの当日や作業日以外は参加が難しい方もいます。
FBを使っての意見交換や作業のボランティアや実行委員会の見守り保育で参加される方など、
それぞれにできること、できる範囲で実行委員として活動に参加しています。


質問
実行委員になったら、どんなことをするのでしょうか?何が出来るの?
答え
11月の1日のイベントである「こうとう子育てメッセ」では江東区行政の14の課の職員の方々と一緒に子育て支援情報を届けます。
子育て支援情報が子育て中のママやパパにわかりやすい情報になっているのか、もっと知りたい情報は何か、などの意見交換をしながら江東区の子育て情報発信を作っていくことができます。
また、こうとう子育てメッセという1日のイベントを一緒に企画運営することができます。


質問
実行委員会やワーキンググループとは何をしているのですか?
毎回参加しなければならないですか?
答え
実行委員会では約50名の実行委員が集まって、1年間の活動をします。
11月に開催される「こうとう子育てメッセ」の中身を話し合ったり、ゲストを呼んだり、また江東区の子育て支援に関わることで疑問に思っていることなどを行政の担当者の方々と一緒に意見交換をする場を設けています。
地域の多世代の方々や子育て支援に関心のある方々と、江東区の子育てがもっとこうなったらいいなあという意見交換をしたり、そのアイデアを生かし具体的な活動員結びつけるといったことをしています。
毎回参加しなくても大丈夫です。


質問
こどもが0歳ですが参加できますか?
こども連れでの参加は難しいでしょうか?
答え
もちろん大丈夫ですよ!
ワーキンググループや実行委員会の際は同室保育をしたり、会場によっては1歳半以上のお子さんはからは保育室や別室保育へ預けることもできます。
子育てしやすい街を作るイベントのボランティアですので、
当事者である未就学児のママやパパも大歓迎です♪


質問
江東区民ではないのですが参加できますか?
答え
参加できます!区外からの参加もたくさんいます!
ただし、基本的に活動に伴う交通費は出せませんので、その点はご了承ください。


質問
資格や特技はありませんが、参加できますか?
答え
もちろんです! 事務的な作業がしたい方も大歓迎です!
「こうとう子育てメッセ」に関わってみたい!という気持ちが嬉しいです。


質問
現在の実行委員の年代や男女比は?
未就学児の保護者はどのくらいいますか?
答え
毎年実行委員は約50名ほど集まります。
2017年は46名の実行委員のうち4名が男性です。
実行委員ではないけれど、パパがお手伝いして一緒に参加したりしているケースもあるみたい?!
90%が乳幼児の親で、学生から高齢者までたくさんのボランティアさんにも支えられています。


質問
急用、こどもの急病など、予期せぬことで参加ができないこともあるかも…
答え
ご家庭の事情,ご家族を優先してください!
ひとりで抱えこむ必要はありません。委員同士フォローし合いながら進めていきます。


質問
こどもがいないのですが参加できますか?
答え
子育てに関心のある方ならもちろん参加できます!


質問
パソコンがないのですが参加できますか?
答え
パソコンがくても全く問題ありません。
最近はスマートフォンが便利なのでパソコンを持っていない人は多いですよね!
パソコンを使う実行委員さんと、使わない実行委員さんでそれぞれ担当する作業を分けています。
情報共有は主にフェイスブックを使っています。
スマートフォンがあると便利です。


質問
作業の連絡はどんな方法を使用していますか。
答え
2017年度はフェイスブックを使用しました。
基本的にオンラインでやり取りでき、自分のペースで確認できる連絡方法を使用します。


質問
参加に費用はかかりますか?
答え
基本的には交通費のみです。
施設により、託児を利用する場合などに自己負担が発生する場合が有ります。
(例:パルシティこうとう さくらんぼ保育室→300円)


質問
知り合いがいないのですが、一人で応募しても大丈夫ですか?
答え
もちろんです!
多くの実行委員さんは、一人で参加されることが多いです。

PAGETOP
Translate »